ファスティング鍼灸師としのプロフィール

 

大病を患う…

幼い頃、大病を患い長期入院したことをきっかけに、「健康とは何か?」「どうして人は病気になるのだろう?」という健康に関わることを漠然と考えながら成長。

 

東洋医学、スピリチュアルなことに興味を持ちながら10代を過ごす。

商社にて営業職を経験

大学卒業後、商社にて営業職を経験。製紙工場で使う燃料(煙突から煙がモクモク)の販売を経験。先輩方に揉まれながら、実地でのコミュニケーションスキルを学ぶ。

 

仕事をしながら、自分が本当にやりたいことは何なのかを模索。そんな中、一念発起して、かねてから興味のあった世界に飛び込むべく退職することに…

興味のあった東洋医学の道へ進むことを決心

27歳、鍼灸専門学校に入学。午前、学校へ通い、午後、接骨院で修行する日々を3年間過ごす。骨折・捻挫・脱臼等の外傷の基本を学ぶとともに、鍼灸理論・実技の基礎を習得。

 

毎日のように接骨院へ通う高齢者を目にして、「治すこと以外の目的」があって通院している患者さんもいるということを痛感する。

鍼灸師・マッサージ師免許取得

30歳、鍼灸専門学校卒業後、鍼灸師・マッサージ師免許取得。療養型病院と通院型病院にそれぞれに勤務する。

 

リハビリ、痛みの緩和ケア等の臨床を経験。

 

33歳で独立開業。治療院を始める。

 

その後、柔道整復師、ケアマネージャー、医薬品登録販売者資格取得。

臨床経験を重ねる中で感じたこと…

人の健康は心と体の両面でできており、体だけ診ていてもダメ。もちろん、心だけを診ていてもダメ。

 

心と体は、絶えずお互いが影響し合って症状が出ている。

 

健康になるには、心と体の両面からアプローチすることの重要性に気付く。

 

心の健康として重要なことは、自己肯定感を上げていくこと。承認欲求・存在意義が満たされること。

 

体の健康として重要なことは、食に関わること。

 

その他、言うまでもなく、睡眠やリラクゼーションも大切。

 

「心が元気になれば、体が元気になり、体が元気になれば、心が元気になる」

本ブログにて健康になるためのメソッドを発信中!!

精神的な健康・身体的な健康に加え、経済的な健康を含めた3つの健康を追求するTTメソッドを開発。

 

その普及に取り組んでいる。