ファスティングで使う酵素ドリンクの「酵素」とは…?「酵素」と「成分」を考える。

そもそも酵素ドリンクの酵素ってナニ? 酵素は生命活動に欠かせないもの

体内の酵素は、「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。

 

酵素とは、生命活動を行う上で、なくてはならないとても重要な物質です。例えば、唾液からはプチアリン、胃からはペプシン、膵臓からはリパーゼという酵素が出ており、それぞれ、糖質、タンパク質、脂質を分解する働きがあります。これらの酵素は、消化吸収を行う働きがあるので、「消化酵素」と呼びます。

 

一方、体内で代謝(新陳代謝)を行うために使われる酵素を「代謝酵素」と呼びます。代謝は、「同化」と「異化」に大別されます。

 

食べたもの(エネルギー)が、血や骨などの体の部分に変化する作用を「同化」、血や骨などの体の部分が、エネルギーに変化する作用を「異化」と言います。

 

人間の体は、この「同化」と「異化」のバランスを取りながら、生命を維持しています。断食中は、食べ物(エネルギー)が入ってこないので、「異化」によって、体の一部をエネルギーに変えて生体を維持します。

 

酵素は、体内で合成されますが、その量には限りがあります。食べ過ぎ、飲みすぎをすれば、体内の酵素は、「消化酵素」として使われる分が多くなり、代謝で使われる「代謝酵素」が足りなくなります。

 

ファスティング中、体内の酵素は、主に代謝酵素として使われ、体内の大掃除をしています。

 

酵素ドリンクに入っている酵素は?

ファスティングで使われるドリンクを俗に「酵素ドリンク」と呼ぶことがあります。私も酵素ドリンクと呼んでいます。

 

では、どんな酵素が入っているのか?

 

残念ながら、市販のドリンクには酵素は入っていません。

 

「えっ、酵素ドリンクなのに、酵素が入っていないの!?」と思われた方も多いはず…

 

市販のドリンクは、出荷前に煮沸することが法律で義務付けられています。酵素は熱に弱く、48℃程度の熱を加えると分解されてしまいます。よって、酵素ドリンクには、酵素が入っていません。

 

「それじゃ、酵素ドリンクでファスティングする意味ないじゃん!?」と思いますよね。でも、そんなことはありません。酵素ドリンクでファスティングをする意味はちゃんとあります。

 

酵素ドリンクでファスティングをやる意味は?

市販の酵素ドリンクには、酵素は入っていません。では、なぜ酵素ドリンクでファスティングをするのか?

 

酵素ドリンクに含まれている野菜や果物のエキスが何万種類とあると言われている人間の体内酵素を増やす働きがあるからです。 酵素ドリンクという呼び方が一般的になる前は、「補酵素ドリンク」と呼ばれることもありました。

 

煮沸によって酵素は不活性となっていますが、酵素を増やす働きのある酵母のうち熱に強いものは、ドリンク内で生きています。

 

家庭で作る生野菜や果物を絞ったジュースには、酵素は活性状態で入っています。市販の酵素ドリンクと呼ばれるものは、酵素は入っていませんが、体内酵素を増やす働きをするエキスが凝縮して入っているから、酵素ドリンクでやるファスティングは意味があるのです。

 

酵素ドリンクの成分 おすすめできない商品とは…

世間には、酵素ドリンクと呼ばれるものがたくさん出回っています。その中でお勧めできない酵素ドリンクをご紹介しておきます。

下記の成分が入っている商品はお勧めしません。

  • 果糖ブドウ糖液糖が入っている。
  • 香料・着色料が入っている。
  • 保存料が入っている。

せっかく、ファスティングでデトックスをするのですから、ドリンクにもこだわりましょう。

 

コメント